​明治大学入試問題解答・解説

このページは長いです。以下から、飛んで下さい。

明治大学

商学部

2020/2/16(日)

 

の解答・解説は以下

《 概要 》

論述:

あり。

三十年戦争を三行で説明。

地図問題:

なし。

書き取り:

空欄補充や一問一答であり。

 

大問Ⅰ:

主に、清朝とオスマン

空欄補充と一問一答。

平易な書き取りのみ。

大問Ⅱ:

広範な範囲。近現代。

空欄補充の書き取りのみ。

いずれも平易。

大問Ⅲ:

選択問題。

正誤問題。

範囲は広範。

正誤問題は思考力を問う良問。

作問者に敬意を表したい。

大問Ⅳ:

「三十年戦争について、3行以内で説明しなさい。」

これだけ、良質な正誤問題を作れるのに、

非常に雑な問題である。

経緯を書くべきなのか?

意義を書くべきなのか?

​もっと、条件の提示をお願いできればと思う。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

明治大学

法学部

2020/2/14(金)

 

の解答・解説は以下

《 概要 》

良問中の良問

解説が伴えば、大きな力が着く。

ただ、一問だけ

二重正解がある問題があるかも

論述:

ないよ。

地図問題:

ないよ。

書き取り:

あるよ。

漢字の練習をしておこうね。 

正誤問題:

山川世界史用語集から、

文章を抜いてきている。

大問Ⅰ

開発独裁の話。

輸入代替など、理論的な出題もあり。

書き取りは「緑の革命」以外、基本。

大問Ⅱ

中央アジア。

簡単な穴埋めと一問一答。

大問Ⅲ

​絶対王政期の文化人を

語群選択

正誤・並べ替え問題で長文が長く、

思考力を要求する良問。

大問Ⅳ

現代史の語群選択穴埋め

そこそこ簡単

正誤問題・選択問題

良問多い。

特に委任統治の問題は素晴らしい。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

明治大学

文学部

2020/2/13(木)

の解答・解説は以下

《 概要 》

論述:

地図問題:

書き取り:

 

大問Ⅰ

大問Ⅱ

大問Ⅲ

大問Ⅳ

大問Ⅴ

 

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

 

明治

政治経済学部
2020/2/11(火)

の概要/問題/解答・解説は以下

《 概要 》

100点満点 大問4

各大問 25点と推測

​解けない難問はないと思う。

論述:

240文字

詳細な条件設定

一瞬地図問題に見える

地図問題:

論述に一応絡めている

書き取り:

平易なもののみ。

大問Ⅰ:

10問

古代中国
アイウエオが穴埋め、書き取り。

正誤4問・選択1問

算賦は難しいが、満点可能。

古代中国

大問Ⅱ:

10問

グローバリゼーションに関する文章。

文章が上手だ。

主に絶対王政期から出題

アイウエが穴埋め、書き取り。容易。

正誤・書き取りも容易。

大問Ⅲ

10問

戦後経済史。

多分、ここで点差が開いた。

アイウエが穴埋め、書き取り。

大問Ⅳ

論述。

​アメリカ独立に関して。

採点ポイントは5ヶ所。

恐らく、大問Ⅲと大問Ⅳで合否が決まった。

明治政経受験者ならば、半分は書けて欲しい。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

 

明治

経営学部
2020/2/10(月)

の概要/問題/解答・解説は以下

《 概要 》

論述:

なし

地図問題:

なし

書き取り:

そこそこあり 

 

シンプルな正誤問題

良質な問題が多い。

選択肢は、「ここまでか・・・」というレベルまで

山川世界史用語集のコピペである。

 

 

 

大問Ⅰ

インド史が中心

大問Ⅱ

絶対王政期から近代ヨーロッパ

大問Ⅲ

左派的な明治らしい問題。

プルードンなど。

大問Ⅳ

清代が中心。

​恐らく、一つ二重正解あり

大問Ⅴ

戦後史。

最後の問題以外は簡単。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

 

明治

国際日本学部
2020/2/9(日)

の概要/問題/解答・解説は以下

《 概要 》

 

論述:あり

シーア派を説明せよ

地図問題:あり

緯度順、経度順。

写真の人物の国。

 

書き取り:

平易な問題

その他:

世界史だが、英語の長文あり

解答を英単語で求める問題あり

 

大問Ⅰ

産業革命が主題。

工場制手工業と囲い込みを英語で書かせた。

大問Ⅱ

左派的な明治らしく、

社会主義的なタームを書き取りさせている。

大問Ⅲ

都市の緯度順、経度順を聞く問題。

都市が特定出来なくても、

「福建省」などで、解ける。

こういう複雑な出題になれてなく、

当日混乱した生徒もいたことでしょう。

大問Ⅳ

いきなり英語の長文が出て、

面食らった生徒も多いと思う。

問題自体は平易。

長文も全て読む必要は無い。

大問Ⅴ

人物写真。

いきなり、写真の人物から地図問題を解くのではなく、

問題を先に進めてから、解くべき。

学業だけではなく、仕事でもそうだが、

とりあえず、前に進むことで、安易に解決することは多い。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

 

明治

情報コミュニケーション学部
2020/2/8(土)

の概要/問題/解答・解説は以下

《 概要 》

論述なし

地図問題 二次大戦欧州戦線

書き取りがそこそこある。

 

大問Ⅰ

東南アジア史

大問Ⅱ

アメリカ史。主に19世紀米国史。

大問Ⅲ

中国史。

正誤問題。

難度はそこそこ。

大問Ⅳ

イスラム史。

良問が比較的多い中、

カーディスィーヤの戦いという、

用語集に載っていないものを出したことは残念。

大問Ⅴ

ファシズムと二次大戦。

正誤問題の長さ、分量、マイナーなタームに怯むが、

丁寧に読めば、文章自体の難度は、そこまで高くない。

しかし、地図も絡むため、作業が複雑になり

本大問が合否の分かれ目になった思われる。

《アドバイス》

 

​明治のページですが、早稲田受験生にアドバイス。

早稲田の正誤問題は、基本、明治の正誤問題に似ている。

簡単に言えば、早稲田の正誤を少し、簡単にした感じだ。

​そして、明治の正誤は、練習問題に近く、学力が向上する。

明治の受験者は、故に過去問を何年分も、丁寧に解くべき。

丁寧というのは、赤本などを使う事。

いちいち、用語集で調べていては、効率が悪いので。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

 

明治大学

全学部

2020/2/5(水)

の解答・解説は以下

問題数 50問

論述なし

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

​注意:

上記の問題における

鉛筆による書き込みは

問題提供者のものです。

​ゆげ塾の解答はマーカーや

​打ち込みによる字です。

©️2008-2019 Yugejuku All Rights Reserved

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

Last Updated:2019.10.28