​東京大学入試問題解答・解説

東京大学

2020/2/26(水)

 

の解答・解説は以下

《 概要 》

 

論述:

一行30字。

大問1は、基本600字などの大型論述

地図問題:

なし

書き取り:

一問一答

大問Ⅰ

冊封体制から主権国家体制への移行。

史料を使えという指示が難度をあげる。

薩摩・下関条約・小中華

条約・清仏戦争・朝貢

 

大問Ⅱ

匈奴最盛期の状況(60字)

モンゴルとチベットの独立の動き(90字)

英国のエジプト進出(120字)

白豪主義の形成過程(60字)

移民・黒人の排斥運動(90字)

米墨戦争の経緯(60字)

大問Ⅲ

平易な一問一答。

​東大なだけに、学問系が目立つ。

​スマフォを横にした方が

見やすいと思います。

​↓  ↓   ↓

追記:

2020/02/27(木)0:48現在

大問1について。

河合さんと東進さんと代ゼミさんの解答を読んだ。(駿台さんはまだ出てない)

三者とも、

小中華思想を、

夷狄の清が明を滅ぼして、

李氏朝鮮が小中華を自称と処理していた。

一方、ゆげは、以下の様に扱った。

「その文明の高さは、 近代列強の進出までは重ねて圧倒的で、史料 A にみられるように朝鮮の小中華思想にまで 影響を与えた。」

これは、本問は

二段階論を取るべきと考えたからだ。

問題は以下である。

「伝統的な国際関係のあり方と近代におけるその変容について」

つまり、小中華意識を丁寧に説明してしまえば、三段階になってしまう。

明を中心とした冊封体制

  ↓

清を馬鹿にした冊封体制

  ↓

​近代主権国家体制

河合さんは、明らかに、

三段階で書いている。

「華夷秩序は再編成された。」

ゆげは問題に対し、素直に答える

二段階論なので、小中華主義による

冊封体制の変容を書きませんでした。

東大も外大のように、

​模範解答の提示をお願いしたいです。

©️2008-2019 Yugejuku All Rights Reserved

  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook

Last Updated:2019.10.28