本文へスキップ

ゆげ塾は池袋にある受験世界史専門の塾です。

論述模範解答NEWS&FAQ

東京大学

2016年度


第1問

第1問
 第二次世界大戦後の世界秩序を特徴づけた冷戦は、一般に1989年のマルタ会談やベルリンの壁の崩壊で終結したとされ、それが現代史の分岐点とされることが少なくない。だが、米ソ、欧州以外の地域を見れば、冷戦の終結は必ずしも世界史全体の転換点とは言えないことに気づかされる。米ソ「新冷戦」と呼ばれた時代に、1990年代以降につながる変化が、世界各地で生まれつつあったのである。
 以上のことを踏まえて、1970年代後半から1980年代にかけての、東アジア、中東、中米・南米の政治状況の変化について論じなさい。解答は、解答欄(イ)に20行(600字)以内で記述し、必ず次の8つの語句を一度は用いて、その語句に下線を付しなさい。

アジアニーズ(注) イラン=イスラーム共和国 グレナダ 
光州事件 サダム=フセイン シナイ半島 
ケ小平 フォークランド紛争

 (注)アジアの新興工業経済地域(NIES)

解答は18行(540文字)以内で記し、必ず次の8つの語句を一度は用いて、その語句に下線を付しなさい。



《主題》 

政治状況の変化

《範囲》
1970年代後半から1980年代にかけて
東アジア・中東・中南米 


《副題》

1990年代以降につながる変化




A
東アジアに関する90年代以降につながる新冷戦期の変化は、中国の台頭とそれに伴う韓国・台湾の民政移行、米国の影響力低下である。韓国と台湾は朝鮮戦争や金門島事件により、中国軍を警戒し強力な軍政を展開していた。光州事件等も鎮圧している。しかし、文革が終わり、ケ小平の改革開放路線の展開により、中国軍の侵攻の可能性は低くなり、韓国と台湾は民政移行に至った。また、アジアニーズの優等生と呼ばれる程の経済発達も民政移行の理由である。加えて、中国が取引先としても重要となり、国民党の親中路線や米韓相互防衛条約改訂の議論等に見られる様に、米国の影響力も低下した。次に中東。新冷戦期の変化は、中東の分裂と混乱である。中東戦争でエジプトを中心にアラブ諸国は団結していたが、シナイ半島返還と引き替えにエジプトは盟主を降りた。加えて、シーア派原理主義国家イラン=イスラーム共和国が誕生した。さらに、イラクが米国の支援により軍事大国化した。結果、湾岸戦争・イラク戦争、イラン・米国の対立に至った。最後、中南米に関する新冷戦期の変化は、米国からの離反である。確かに、レーガンのグレナダ侵攻は「中南米は合衆国の裏庭」を象徴するものであった。しかし、一方、同時期のフォークランド紛争においては、アルゼンチンから事前に米国へ相談等がなかった。その後、前述の経済大国中国の支援もあり、チャベスやルーラ等、米国から距離を取る政権が展開した。
(599文字/600文字 数字は2文字1マス)







第2問

問(1) 西アジアでは、イスラームの成立以降、国家や社会のかたちに大きな影響を与える、独特の特徴をもつ経済制度が発展した。これらの制度に関する以下の(a)・(b)の問いに、冒頭に(a)・(b)を付して答えなさい。



(a) 10世紀にブワイフ朝が始めた土地・税制度は、同時代に発展した西ヨーロッパの封建制やビザンツ帝国のプロノイア制にも似た特徴をもち、その後のイスラーム諸王朝に受け継がれ、体系化された。この制度の名称を書きなさい。また行を改めて、この制度の特徴について2行(60文字)以内で説明しなさい。



A
イクター制
主に騎兵による軍役奉仕の見返りに土地の徴税権を与える制度。領主裁判権は与えられず、イスラーム法が同地に適用された。(57文字)







(b)
 16世紀にオスマン帝国が導入した外国人商人に対する制度は、イスラーム法の理念にもとづき、交易の発展をはかることを目的としていた。この制度の名称を書きなさい。また行を改めて、この制度の内容、および後の時代に与えた影響について2行(60文字)以内で説明しなさい。


A
カピチュレーション
外国人商人等は飲酒などによるイスラーム法適用を逃れるという治外法権制度。後に列強により悪用され、植民地化を進展させた。(59文字)







問(2) 北インドでは、ティムールの末裔バーブルが、1526年、パーニーパットの戦いでロディ一朝に勝利をおさめた。彼がムガル帝国の基礎を築いたとするならば、第3代のアクバルは、中央集権的な機構を整え、ムガル帝国を実質的に建設した人物であった。以下の(a)・(b)の問いに、冒頭に(a)・(b)を付して答えなさい。

(a) アクバルの時代に整備されたマンサブダール制について2行以内で説明しなさい。



A
ムガール帝国版イクター制。位階に応じて、分与地の徴税権が与えられると同時に軍役時の騎兵・従卒の数が決められていた制度。(59文字)





(b) 第6代アウラングゼーブの時代には、ムガル帝国の領土は最大となったが、支配の弱体化も進んだ。この支配の弱体化について2行以内で説明しなさい。



A
領土拡大にマンサブダール制の整備が追いつかなかった。加えて、ジズヤ復活により異教徒の反乱を招き、地方分権化が進んだ。(58文字)






問(3) 17世紀のイングランド(イギリス)およびフランスで実施された経済政策について、それらを推進した人物の名や代表的な法令をあげつつ、当時のオランダの動向と関連づけて4行以内で説明しなさい。



A
中継貿易で栄える蘭国の競争力に対し、英仏は重商主義政策を採った。クロムウェル政権は航海法を制定し、英国の港に入る船を事実上英国船に限る保護政策を採り、英国東印会社を守った。仏国はコルベール指導の下、王立マニュアファクチュアを保護・育成した。(120文字)





論述模範解答 東京大学へ




バナースペース

ゆ げ 塾

〒171-0021
東京都豊島区西池袋3-17-17
大晃(ダイコウ)第15ビル1階